at Four o'clock

2019シーズン最終日

3月1日も四時、10月14日でも四時。
西丹のFour o'clocker達のシンフォニー。

8名の男達が集まった、駐車場の横から今まで聞いた事のない轟音がしている。
ライトで照らすと恐ろしく速く、激しい濁りと川幅めいっぱいの流れ
はじめて見るこの川の荒れ狂う表情。
昨今の異常気象、自然災害は人類により持たされたもので自然からの警鐘だ。

暗闇に自然の恐ろしさを見た
状況は駐車場に居た全員が知っていた、
しかし誰一人帰らない、漁協の監視員さんも現れ
監察をはじめた。



四時組の男達は、源流部は釣りになるだろうと1人、また1人と暗闇の林道へ進んで行った。

少し遅れ、soranと出発。
落石、急な土砂崩れを注意しながら歩いた。
某橋を越えたあたりで、先の崖に光る何かが見えた。
野性動物がこちらを見て、ライトが眼に反射しているのかと思った。
近づくとそれは先行者のヘッドランプだった!

崖が大きく崩れていたのだ!野性動物の眼に見えたのは崖崩れの巻きルートを探していた先行者のヘッドランプ。

様子を見に行くsoranが滑り落ちないように祈る。
崩れて間もないようで、滑りやすい砂が表面を覆っている
さらに大岩があるが、その先がどうなっているか解らないとの事
もし無理に進み滑落したら濁流へまっしぐら…
怪我ではすまない…



最終日に怪我なんかするもんじゃないし、時に撤退する勇気も必要だ。

怖いと思ったら引き返す、長く渓流釣りをする秘訣である。

別水系のマグネットが少なかったので、水系をかえる作戦にした。
ここまでの時間、歩いた距離が加算されるが安全第一の沢変えだった。
急ぎ足で番小屋まで戻ると、四時組以降のマグネットは無かったので
マグネットを張り替え再スタートをきる。






20191015190919221.jpg

(過去の沢割です、今回のではありません)

こちらも轟音の響く林道を歩く、中規模の崖崩れ、抜け落ちた林道を進んだ。

はじめは崖崩れの数を数えていたが、途中でやめた。
崖崩れが多すぎて、何ヶ所越えたのか判らなくなってしまった。

途中、大量の水でユーシンブルーの隠れライバルと云われた巨大取水施設は見るも無残な姿
ゲートに巨木が挟まり
なんの機能もしていない
過去に下流の瀬切れを見ているので、機能を果たさない取水施設はこのままでよいと思えた。
そうすれば下流の命に潤いが与えられる。
瀬切れした渓流は見たくない。


20191015194928417.jpg


ようやく入渓点に着いたのは1回目のスタートから3時間半後だった。
砂混じりの速い流れ、かつての深みは埋まりポイントは激減。

流れの緩い場所を探り、釣りあがる。
倒木や流木が行くてを阻む。

崖崩れは林道同様におきていたようで
危険な状態だ。
エッジの効いた割れた花崗岩はラバーソールのシューズをも切ってしまいそうだった。

魚の反応を見たのは僅か2箇所
安全第一で林道が見えた位置で退渓することにした。

途中で隣の沢に入った釣り人さんに会った。
状況は良くないようである。
来シーズン、いや数年はこの川への釣行は控えようと思った。
渓流魚の生命力を信じたい。

長い長い帰り道の途中でsoranと昼食を食べた。
またここを歩くのは、何年後だろうか?
様変わりした流れを見ながらコーヒーを飲んだ。


他愛もない話しをしながら、この日2度目の番小屋への帰還。
soranのGPSで丁度23キロ…

無事に戻れた事を感謝しマグネットを外した。


2人ともノーフィッシュだったので次の渓流を目指し車で移動。
1本目、濁流…
2本目、濁流…
3本目、濁流…
移動中に後ろのsoranが激しくパッシングしている!

一瞬見えた支流の支流が澄んでいたらしい
Uターンして確認すると、澄んではいるが三面護岸されていた。

護岸を見て、昔探索した名もない沢を思い出したので
最後の望みをかけて移動した。

到着し、すぐ濁りを確認…
駄目だ濁ってる…
「上も見てましょう」soranが言った。

山肌から流れている水が林道を掘る
その深みにタイヤがはまらぬよう上流へ向かう

路肩が広くなってる場所で、川見した。
水流は速いが濁りは少ない!

「降りよう!」

水量は倍
高い場所に打ち上げられた流木からかなりの増水があったようだ。

乗らなかったが、すぐバイトがあった!
「居るよ!」soranに伝える

倒木の下、大水で露出した木の根の下、二人で攻めまくった。
今日は丹沢の魚に「サヨナラ」を言う日…
ヤマメへの片想い…

林道からの水が落ちてきている緩い流れかあった。

手前から探る
一投目チェイスなし
ニ投目少し上、チェイスなし
三投目クロスで扇引き、無し。
居ないか…
最後白泡直撃のアップキャスト…
リールが巻けな…ヒットだ!
無理に巻かず慎重にやりとりする
スピードのある引き!

ネットを見せたら暴れてバレてしまうかも…
今朝結んだスーパートラウトアドバンスを信じ抜き上げた…
シーズン最後にふさわしい大ヤマメ…
この渓流で、このサイズ…
嘘だろ…
俺はどんなに大きくなってもパーマークが残ってるヤマメが好きだ。
そんな大ヤマメだった…

昂ぶる気持ちを抑えベストからメジャーを出す
興奮しすぎてメジャーが中々見つからなかった。

soranが見守る…
「測るよ…」手が震える…
ようやく落ち着いた大ヤマメにメジャーをあてる…

「よん…イチ…」
夢でも見てる気がして、再度メジャーをあてる…
「よん…イチ…」
夢か?いや、さっきぶつけた膝が痛い。

soran「いくつあります?」

soranに見えるようメジャーを添えた…

「よん…イチ…!?よんイチ!?よんイチだよ!よんイチ!」

嬉しさのあまり大きな声で連呼した!
「よんイチ!よんイチ!よんイチ♪よんイチっよんイチよんイチよんイチよんイチよんイチ♬イチよ〜ん!」
さぁsoranも一緒に「よんイチ!カイデ〜!」




20191015211207f88.jpg


嬉しさのあまり
くらげ亭へ向け発信した!

くらげ亭と愉快な仲間達から「絶交っ」の祝福画像が送られてきた
201910152128131bd.jpg


最高のサムズダウン!ありがとう淫獣さん!りょうさん!

俺の「よんイチ」に刺激され、小場所もくまなくチェックするsoran!
20191015213132e13.jpg

ちょっとポイントに近づきすぎですな!

究極のダウンストリーム!
20191015213312b12.jpg

だから近づきすぎだってばさ!

でも、「絶交っ」せずに最後まで付き合ってくれてありがとう!

関わってくれた皆様2019年ありがとうございました!







真面目に読んでくださった方、どうもありがとうございましたm(_ _)m
モノホンが釣れるよう来シーズン頑張り鱒!
さぁ皆さんもご唱和下さい
「よんイチ!カイデ〜!」

コメント

ラオウのご主人様

お疲れ様でした。
世附は大変な状況みたいですね!!
あの日は水系を変えて再度歩いたとはびっくりです!
でも事故もなくシーズンが終われて本当に良かったです。
最後のヤマメやりましたネ!!(^o^)

りょう

冒険と友達、ワンピースか!
最高!

しげる

騙されました!
よんイチは騙されました(>_<)

こちらも昨年西日本豪雨がありました。

まだまだ西日本豪雨後の完全復旧なんて出来ていないのが実情です。

渓流も当然全て元通りではないですが、渓魚がいてくれる場所もあって今シーズンも楽しませて貰いました。

今回の台風と被害の状況などは違うとは思いますが、丹沢や台風被災地の渓流もまた釣りが楽しめる場所になるように願っています。

よんイチは騙されましたが、最後のヤマメ素敵だと思います。

今シーズン、お疲れ様でした。

Soran

まさに有終の美‼️
カイデーなヨンイチヨンイチヨン

僕だって魚を見れなかった訳ではないですよ‼️
バラシた魚はゴーイチ❗ゴーイチゴーイチゴー❗はありましたから‼️

さぁ‼️来シーズンに向け右脳氏もご唱和あれ❗

『シャッカミっ❗シャッカミっ❗』

ヨンイチかいでぇ〰️

3110tkj

イベント以外なかなかお会い出来ませんでしたが、シーズンお疲れ様でした。無事に終了できて何よりですね。
この台風が来シーズン、どんな影響出るかわかりませんが、河川清掃やら魚道掘りなどなど…
私達に出来る小さな事、また共に行えたらと思います。

右脳派釣師

ラオウのご主人様さん、水系チェンジははじめてです。
以前崩れて直した場所の近くが崩落してました落ちたら下の本谷まで一直線のヤバい崩落でした
明るくなるまで待ち巻き道を探すか沢変えかで話しあい

崩落現場の先に新たな崩落があるかもしれなかったので、沢変えをしました。

過去最高の14センチヤマメです!貫禄があると思いませんか?(笑)

右脳派釣師

りょうさん、西丹沢も釣り場は荒れ果てていて渓流釣り難民でした。
最後のドラマ「よん…イチ…」最高でした(笑)

右脳派釣師

しげるさん、ドラマですドラマ!
最後の最後にあのサイズ…思わずメジャーで確認
「よん…イチ…」
今まで釣った14センチのヤマメの中で1番思い出に残るヤマメです(笑)

右脳派釣師

Soran君、最後の最後でメジャーの出番があるなんて最高だった!
だってあの小渓流でよんイチとか、もうレコード級のモンスター(笑)
ごーイチのほうも、年を越しそうだから来年また見に行こう!

ぷら

雨の中釣りされてるんですか。
ちょっと読んで恐かったです。
淫獣さんとりょうさん安全な所で飲んでいていいですね。

右脳派釣師

3110tkjさん、今年は一緒に釣り出来なかったので来年こそ行きましょう!
よんイチ、ごーイチが沢山居る場所探しましょう!

右脳派釣師

ぷらさん、最終日ですからね。というか雨でも釣りはしますよ
上流の様子は常に意識しながらです。
台風被害に遭われた方も世間にいる中、釣行記を書くのはどうかとも思いました
しかし、最後まで付き合ってくれたS君との思い出も残したかったので記事にさせてもらいむした。
被災された方には心よりお見舞い申し上げますm(_ _)m

花屋のいちろー

最終釣行で小さくてもお魚さんの顔が見てれ良かったですねぇ(^-^)。この日ばかりは大きさうんぬんよりも、どうか一匹でも釣れればみたいなとこがありますますし、尚且つ増水で厳しいコンディションの中やりましたね(^^)d。

きゅ、究極のダンウストリームって……(笑)


今シーズンも怪我なくお疲れ様でした。来シーズンもお互い良いお魚さん達と出会う為に頑張りましょー(*>∀<*)ノ

右脳派釣師

花屋のいちろーさん、去年も小さなヤマメで終ったんです…
つまりは台風関係無しの実力… 

来年こそ、よんイチカイデー!
と言いたいです(笑)
非公開コメント