3年越しの夢

イメージ 1

3年以上前に、この沢にやって来た事がある。
車を停めてかなり歩かないと入渓出来ない。
西丹沢に比べれば短い時間だが、足がむかなかったのはヒルだったり・・・
3年前は、肩掛け鞄スタイルが遡行を困難なものにした。
当時は渓流、源流、本流などと意識することなくルアーのヤマメ釣りという気持ちでいた。
餌釣りの頃は巻きの際は竿を畳めばいいし、若かったので体力さえあれば気の済むまで遊べた。
この沢は、にわかルアーマンを拒むかのようだった。
勾配に大岩や倒木。魚影はあるが釣れない、やっとチビヤマメが釣れただけ。
大自然から「怪我しないうちに帰りなさい」といわれてるようだ。

また今度出直そう、テレスコロッドにバックパックでいつの日か・・・

そして迎えたある夜の事
朝、目が覚めて時計の針が奇数なら西丹沢のマイナー渓、偶数なら三年越しの沢。
そう決めた。
目が覚めると奇数分だった。もう1度やり直した。
次も奇数分だった。

「行きたいんだろう?ヒルとヤマメが待ってる沢へ?」

もう一人の自分が話かけてきた。


再びチャレンジする日が来たようだ。

車を停めると、他に誰も居ない。
野生動物の鳴き声がかすかに聴こえる。

小雨の中を歩く、雨足が強まったら引きかえそう。
入渓点に着いても小雨だった。ヒルをチェックしタックルを組んだ。
入渓して直ぐにある小さい淵、そう3年前はここでチビヤマメがいきなりチェイスしてきて魚影の濃さを期待したんだった。
この日も同じようなサイズのヤマメが姿を見せた。
あの日の続きか・・・
大岩を登りルアーを投げる、倒木をくぐりルアーを投げる、勾配に汗をながしルアーを投げる。
あの日、引き返したポイントも過ぎた。
大岩、倒木、勾配の繰り返し。
魚影は消えないが3年前からルアーの腕前は変わっていないようだ。
ある淵の横で湯を沸かし、ヤマメを見ながらご飯を食べた。
このヤマメは釣れなかった、淵をゆうゆうと泳いでる。
ルアーを見ても追ってこない、隠れもしない。
流れは続き遡行も続く

源頭まで行こうと決めたが大量の倒木が行く手を阻む。

釣果等、どうでも良くなってきた。沢山の泳いでるヤマメを見れた。
遊ばせてもらったお礼にゴミを拾って帰った。

イメージ 2

義理堅いヤマメが挨拶してくれた。

綺麗な魚には綺麗な流れを!
来月はcatch&cleanです。

コメント

鮎地蔵

No title
おはようございます。
孤渓に静かに身を預けることは素晴らしいことで、嫌なことも忘れさせてくれます。
綺麗な渓魚が顔を見せてくれると何故かホッとするんですよね。

右脳派釣師

No title
> 鮎地蔵さん、おはようございます。
ここは神秘的な場所で鈍感な自分でも霊気みたいなものを感じます、わるい霊気ではなさそうです。
パワースポットってやつでしょうか。
鮎地蔵さんのブログを見てると餌釣り時代を思い出します。
ルアーを初めて遠くから投げれるものだから、気配をころす事や遡行が雑になりがちでヤマメをはしらせてしまいます。
相手の渓流魚達は変わっていないのだから修正しないといけませんね。
またそのへんも教えて下さいm(._.)m

先日、別の川で鮎を見ました!鮎もルアーで釣れますよ。体当たりしてきてスレかがりします。
狙って釣るのは無理ですけど

丹沢極釣会

No title
癒される時間を過ごした様ですね♪
私も地元として東側には行きたいももの昨年のヒル地獄が脳裏をかすめます。
catch&cleanは行きますから親交深めましょう!

ハマサキデンスケ

No title
三年越しの続きがリアルに伝わりました。静かな渓流での充実した時間がいいですね~👍

右脳派釣師

No title
> 丹沢極釣会さん、ヒルそのものは平気なんですよね、ただ吸血を気にして釣りに集中出来ないです。
catch&cleanよろしくお願いします!

右脳派釣師

No title
> ハマサキデンスケさん、また行きますよ!足元と鉄砲水が気になり集中にかけてました。
雨足が強くなったら即撤退でした。

相模の釣師

No title
バーナーのごとくが広くて羨ましいな~
私のは狭くてクッカーが安定しないんですよね

最近は山メシも質素になってしまい寂しい限りです
たまには豪華な即席ラーメンでも作りたいな~

右脳派釣師

No title
> 相模の釣師さん、イワタニのカセットガスジュニアとかいうやつです。
以前所有のはゴトクが使いにくく買い換えました。
ラーメンクッカーを忘れステンカップを直火です!
豪華にやると香りに釣られて熊が来ませんか?(汗)
非公開コメント