丹沢でヤマメを釣るということ。

丹沢ヤマメを釣る為、ある時には林道や杣道を二時間以上も歩き
またある時はヒルだらけの崖を歩き回り
、その先に出逢える丹沢の宝石達。

短時間の自由時間をもらえたのでオアシスへ

イメージ 1

からからの宮ヶ瀬湖を見ながら到着

ヒルが居るのでウェーダーに脚を通す。
気分的にはウェットで浸かりたいが、川原のBBQ客のお父さんは既にヒルにやられていた。やっぱり東丹沢にはウェーダーだ!

イメージ 2

車内で温まった飲み物を川原で冷やし、腰まで浸かり涼をとると釣れなくても良くなって来るから不思議だ。

イメージ 3

夕焼け前の一時、時合が訪れた。

魚が湧いてくるように顔を見せる。

ライズが始まり、丹沢渓流魚の晩餐会のようだ。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


谷深い処にいるので、日没前には脱出しないと帰れなくなってしまう。

空は明るいが魚信が止んだ。

自然から「帰りなさい」のサイン。

今日は拾ったゴミより、釣れた魚のほうが多かった。

神奈川のレッドリストと聞き、フックに掛ける事に罪を感じる。

でも、丹沢のヤマメが好きなんです。

未来永劫、渓流魚が泳ぐ丹沢でありますように。

コメント

丹沢極釣会

No title
ヒルは嫌ですが綺麗なイワナですね。
まさに宝石としか言いようがない!
新しい武器で東に行ってみようかな~

右脳派釣師

No title
> 丹沢極釣会さん、ヒルは少なめでしたよ。ヒル少なめ、魚多目が良いのですが!

ラオウ

No title
こんにちは。
ご主人様です。

イワナにヤマメ素敵です!
僕も東に行きたいのですがヤマビルが
苦手なんです・・。

ヤマビルファイター買えば大丈夫でしょうか?

伝道の先の造林小屋付近と松茸山で
トラウマになるくらいたかられてから
怖いんです・・。

右脳派釣師

No title
> ラオウのご主人様さん、東丹沢でもヒルの多いところと少ないところに別れます。
対策としては、湿った葉っぱ(腐葉土)の上で立ち止まらない。
湿ったところを歩いた後はヒルチェックをかならずする。
水の中は大丈夫ですが、ヒルを水中にいれても剥がれないし死にません。
ヤマビルファイターなどをウェーダーの太ももあたりに一周散布しておく。
ウェーダーはヒルが侵入するまで時間を稼げますのでかなり有効です。
休憩は乾いた川原でします。
ヒル自体は100均のアルコールでも退治できます。
アルコールは乾いてしまうので、あくまでも付着後のアイテムです。
登ってこないようにするのは駆除剤です。
C&Cに協賛頂いたヒル下がりのジョニーがおすすめです(笑)
ヒルが多い地域は確かにありますが逆に居ないと言い切れる川もありません。
他の釣り人にあったら背中をチェックしてもらうと良いですよ。
帰りには荷物もチェックしましょう。
最近は雨不足なのでヒルが少ないように思います。
登山道は巣窟になってたりしますが、川原には以外と居ませんよ!

ラオウ

No title
> 右脳派釣師さん

ありがとうございます。

勇気を出して挑戦してみます!

ヒルさがりのジョニーがいいのですね!
了解です!

右脳派釣師

No title
> ラオウのご主人様さん、慣れると平気なもんですよ。
だいたい取り付かれるのは、巻きの時と入退渓の時ですから。
頑張って下さい!

ハマサキデンスケ

No title
やっぱり時合は重要ですね~。特にルアーは朝まずめと夕まずめに限ります。最近は暑いから昼間は釣りが成立しにくいですね。

ヤマメとイワナを見ると心が癒されます👍

右脳派釣師

No title
> ハマサキデンスケさん、日中は曇りや雨じゃないと中々釣れないですもんね!
夕マズメ時にライズを見たのですが丹沢でライズを見たのは久しぶりでした。
ヤマメ、イワナには癒されます。
振り向かせる為にまたルアー買ってしまいました。
非公開コメント