禁漁前の独り言。「2匹のヤマメ」

前回の記事「嘘をついた日」のコメントで自分がリリースについて触れたので
禁漁前に、ちょっと書きたいと思います。

始めに、自分自身もキャッチ&イートの過去があります。

なぜ自分は「ヤマメ」「ヤマメ」とうるさいのか説明すると
はじめてヤマメに会ったのは、田舎の祖父母宅の近くを流れる沢でそこに居たのが「ヤマメ」という渓流魚でした。

小学校低学年だったと思います。網を持って堰堤下を右に左に走れば網に入る感じでした。
子供ながらに綺麗な魚だと思いました。
ヤマメ好きになった原点だと思います。

祖父母に見せるために、プラスチックの容器に入れて持ち帰りましたが
食べないなら逃がしなさいと言われ、ヤマメを持ってまた沢へ戻りました。
ヤマメをリリースするために戻ったのですが、その堰堤までは蛇の出た獣道を戻らないと行けませんでした。

堰堤で遊んでる時は、いとこと一緒だったので怖くありませんでしたが
いざ独りだと、怖じけづいては沢へ戻れませんでした。
それでどうしたかというと沢に掛かる橋の上、高低差10m位から橋の下の深みに落とすことにしました。
しかしヤマメは無惨にも着水せず、護岸のコンクリート上に落ちてビタンビタンと跳ねながら水中に落ちました。

なんて酷いリリースでしょうか?今でも忘れられません。自分が同じ事をされても文句はいえませんね。

時は流れ、色々なところで釣りをしてたのですが始めてヤマメに会った沢をひさしぶりに見に行くと
道路工事や台風の影響で、ヤマメどころか魚のサの字もない流れになっていました。

もう、残酷リリースしたヤマメの子孫に謝ることも出来ない訳です。

なのにどういう訳か、当時は釣ったヤマメは持ち帰り食べていました。
しかし20センチ以下持ち帰らない。チビヤマメが針を飲んだらハリスを切ってリリースは徹底していました。

さらに時は流れ、他県で釣りをすることが多かったのですが
ルアーをはじめて他県より身近な丹沢に足を運ぶようになりました。

とにかく1匹釣るのが、精一杯でした
ガイドブックに載ってる有名河川を
ひたすらdコン投げてつり上がるだけでした。
数釣れるのは放流にあたった時だけ。
20センチルールは守りつつ
四人家族なので最高4匹持ち帰るイート派だったのです。
とはいってもルアー素人が4匹釣れる事はほとんどありません。
地方にくらべ魚少ないと思いながら丹沢の資源量は気にしていませんでした。

そんな中、転機が訪れます、禁漁期間中ある管理釣り場でヤマメを釣り
またイート用にキープしていました。
ポンドタイプの釣り場でスカリに入れて置いて、釣りを終えたらわた抜き場でさばくつもりでした。

ノルマのヤマメ4匹釣れたのですが、1匹肌色がわるく肉体に張りもないヤマメがいました。

たしか11月でした。そのヤマメをさばいて肌色のわるい理由がわかりました。
抱卵したメスだったのです。

自分の中で何かが変わりました、産卵出来ないポンドの管理釣り場で餌も乏しい中
自らの栄養を卵に注ぐヤマメの生きざまに心を打たれました。

そのメスヤマメは自分が、いただきました。ヤマメらしくない味わいで、卵に栄養を注いでいたのがわかりました。

その日が、リリース派になった日です。
しかし丹沢を歩くにつれ、リリースするだけではだめと思うようになりました。

資源量の少なさ、モラルの低い釣り人が居る事(規則以下のサイズの持ち帰り等)

そんなに言うなら釣りなんかするなと言われるかもしれません。
でも綺麗で大好きなヤマメに会う手段がルアーフィッシングなのです。
ルアーなら餌もころさずにすみます。
NOkillってやつです。

ブログをやる上で、いつか発信しようと思っていたリリース派への転機は以上の理由からです。
何年後何十年後も渓流魚が泳ぐ丹沢であってほしいと思います。

イメージ 1

コメント

ハマサキデンスケ

No title
自然環境が厳しくなる中でいつまでも魚達には生き延びていて欲しいです。

ラオウ

No title
こんばんは。

何だか切ないですね。
雌ヤマメのお話・・。

僕は子育て中の犬や猫を見ると「ご苦労様です」と声をかけますよ!
お魚も一緒ですね。

丹沢極釣会

No title
優しい気持ちの釣り人が増えて魚が増えて楽しい時間を皆んなに過ごしてもらいたいです😋
食べたい場合は私はスーパーで鮎買ってます😆

右脳派釣師

No title
> ハマサキデンスケさん、温暖化も心配ですよね
山が枯れるのは人間のせいではないかと思います。
魚の居ない渓流なんて!見たくないですよね。

右脳派釣師

No title
> ラオウの御主人様さん、あの日あのメスヤマメに出会わなければ何かが変わることにならなかったかもしれません。
未だに感触を覚えていますよ。

右脳派釣師

No title
> 丹沢極釣会さん、自分はベジタリアンで無いので魚や肉も食べますが
限りある渓流魚は守られるべきだと思います。
丹沢大反省会で語りましょうね(笑)

まさのり

No title
この辺の考え方とか在り方のようなものって難しいですよねぇ。
フックはシングルバーブレス、写真撮影は手短に、魚にできるだけ触れないように手早くリリース。
出来ることは全部やっているつもりですが絶対何%かは私に釣られたことによって死んでますね。
仮に死んでいなくても犬猫で同じことが出来ますかって話です。


そういった事を踏まえて我々釣師の罪の重さは子ヤマメごと持って帰るアホウと変わらないのですよ。(強いて言うなら俺の魚が減るだろコノヤロウってことくらい)


要は何をしたって免罪符にはなりえない。
ならば我々はせめて自覚するべきなのかと。
我々は心の底から愛するものを傷つけ続けずにはいられない存在なのだと。


開高健先生は西田哲学から引用して「絶対矛盾的自己同一」と飲んだくれながら呟きました。
何に対してそう言ったのかは今となってはわかりませんが、反省会にでもお呼びしたいですね、イタコとか使って。


いや、今日は店が暇なのでコメントが異様にくどかったですね 笑

鮎地蔵

No title
こんばんは。
願うことはできますが、如何に行動するかが問題ですね。
頑張ってください。

右脳派釣師

No title
> まさのりさん、このまま行くと釣竿を投げ捨てシュノーケルを持って魚を見に行く日がくるかもしれません。
別の手段で魚を見れるならと真剣に考えることがあります。
現にそういった方が居て綺麗な姿を写真に納めてますからね。
でも、釣りをしたいのは狩猟本能からでしょうか?
魚にも痛点があるというのが最近の研究結果です。
なんやかんやで罪深い事をしてるんですよね。

右脳派釣師

No title
> 鮎地蔵さん、こんばんは。
おっしゃるとおり、いかに行動するかが大事ですよね。
鮎地蔵さんのように汲み上げ放流してみたい沢もありますが
根付くのに適した環境なのかと問われると自信がありませんし
何匹位、汲み上げるべきなのか?
その必用数、釣れるのか?
課題があります。
このへんは、林道歩きながらお聞きしたいです。
とりあえずもう少し世附の事を知って、発眼卵放流にたずさわれたらと思っています。
世附に限らず渓流魚溢れる流れは素敵だと思いますが入れ食いになったら
それはそれで飽きてしまうかもしれませんね
非公開コメント