出会いと遭遇の丹沢物語

一言で丹沢と言っても、東西に表裏
丹沢は広いので
丹沢の釣り人、そのフィールドは三者三様。

イメージ 1


ブログタイトルでもある「源流日和」
しかし、
右脳派釣師ってあまり源流行かないよね?そう思った訪問者様
正解です(笑)
ブログ開設時に「渓流日和」にするつもりでいたら
「渓流日和」というサイトが既に在ったので
源流日和にしたのです。
ライト源流は行くのですが
まぁ、おっさんにはライトくらいが丁度良いという訳です
あまり源流に行くとヤマメからイワナになってしまうのも理由の一つ。
極度のヤマメ好きとしては、ヤマメが居ないと熱が入りません。

前ふりが無駄に長くなりましたが、ちょっとだけあの川どうなってるんだろう?
と思う川があり、探釣に短時間だけ行ってきました!

用事があるので釣り出来る時間は2時間程
探釣ですから駐車ポイントや入渓ポイント等が解ればいいやと出掛けました。
車で行けるとこまで進み路肩に駐車、タックルを組み
さあ!と登山アプリを開くと、何かの拍子にキャッシュを消してしまっていたようで
地図がありません(汗)

携帯圏内まで引き返すと時間がなくなってしまうので
本流筋と支流を少し探る事にします

幸先よくヤマメのチェイス、増水気味(石の具合から)の流れが弱まっているところからでした。

しかしすぐに堰堤で、詰まってしまいました。
巻道を探すのも面倒だったので2本あった支流を探る事にしました。
1本目、すぐに足跡を発見し引き返しました。
2本目の支流、シェードから魚が飛び出しバイト!
上手く乗らずバラシ。
期待して遡行すると上流から降りてくる人が!釣りっぽいです!
話を聞こうとしましたが、藪の中へ消えてしまいました。
あのあたりから林道に出れるのかな?
時間も無いので、沢変えは出来ません。
探釣だと言い聞かせ遡行します。

また小さい魚をバラシますが、ヤマメかイワナかもわかりませんでした。

魚が居るだけでも嬉しいものです。
ドアップで投げたHAMにチェイスらしき魚影
よく見えなかったけど何か居る!立ち位置を変えてもう一投!
水面を割るバイト!だがヒットせず!
その後、数投するもアタリなし。
こちらの姿見られちゃったかな?
帰りに狙おうと決め、水辺を通らずに藪を漕ぎ上流へ行きます。
魚がこちらに気がついていない可能性もあるのでむやみに水辺を歩くのはやめました。

上流のポイントを打ちますが、なぜか気になるさっきのポイント・・・

まだ20分も経ってませんが、戻りました。
今度はダウンクロスの位置から・・・
アタリ無し、やっぱり見られてるかな?

再度藪を漕ぎポイントの下流に立ちます。

食い気は十分ありそうな先程の水面を割るバイトは、お腹空いてて喰いそこねたかな

なんとかコントロールが効く15m離れた距離からのドアップのキャスト
ポイントにはこれ以上近付きたくない

先程より大きめなロッドアクションに巻きスピードは抑えたトゥイッチ
HAMがグッと押さえこまれた!

「よっしゃ喰った!!さっきのか!?」

渓のサイズに似合わず重い引き!
スレ?
最近のバラシ病が、トラウマレベルになっていて
こちらから、ゆっくり近付きネットイン!

イメージ 2


これは!!
しゃ、尺ヤマメ様でわ?
この時、何か叫んだ!

メジャーをあてた・・・
29.5
もう一度測ってみた
29.5

また何か叫んだ(笑)

それでも丹沢渓流では誇れる大ヤマメだ!
本流の魚じゃない渓流域のヤマメ!

「You、この辺も良いだろ?また来なよ!」とヤマメに言われた気がした。

また来るよ、君が尺を大きく超えた頃にね!


イメージ 3




しかし丹沢物語にはまだ続きが
帰りの林道で見たことのある車とすれ違う!
あのイケメンドライバーは!
いちろーさんだぁ!
ご挨拶せねば!(美人奥様に)
Uターンしてチェイス!
車が停まってる!
その先に人影が!
背中超日焼けしてる!間違いない!(笑)

「あの、いちろーさんですよね?」
知らないおっさんに声をかけられ困惑気味のいちろーさん。
右脳派はこの時思った!
「右脳派釣師」というハンドルネームを出すのが超恥ずかしい

しかし名乗らねばただの不審者である。
お連れの方から110番通報されかねない。
勇気を出して「あの私、自称右脳派です」
いちろーさんは、優しく応えてくれた!良かった〜😀
いちろーさん、あの時はすみませんでしたm(_ _)m
用事があり、驚かせた上にそそくさと帰ってしまいました。
怪しい登場でお連れの方にも、すみませんでしたとお伝え下さいm(_ _)m

どうかこれに懲りず
これからも宜しくお願いします!

コメント

丹沢極釣会

No title
また、いいの釣りましたね!流石です😜
いちろーさんに会うとは運命じゃないすか!
愉快な人ですからね~

鮎地蔵

No title
こんにちは。
山岳渓流では泣き尺でも立派なヤマメですよ。
美人ヤマメで見映えも良いですね。

花屋のいちろー

No title
あの時こんなにいぃ魚🐟あげてたのですね。というか、あの辺りでヤマメが釣れるの初めて知りました💦。今度、狙ってみよっと✌️

右脳派さんにお会い出来て良かったですよぉ。あの時は甥っ子👦とお袋👵と一緒で、お目当ての嫁👰がいなくてすみませんでした(笑)。しかも、二人ともイケメン&美人だなんて盛っていただいて(笑)💦。
実物を見るとガッカリな感じですけどね(笑)💧

ラオウ

No title
釣り人の世間は狭いですね。
山とか谷とか川のそばに引き寄せられるのはなぜなんでしょう?
ヤマメ惜しかったですね。あと五ミリでしたが大物にかわりないです!!

右脳派釣師

No title
> 丹沢極釣会さん、この辺は初めて来たのでビギナーズラックというやつです^_^
良いヤマメと、いちろーさんが居て行って良かったです!
釣行先が増えました

右脳派釣師

No title
> 鮎地蔵さん、ありがとうございます!
世附の○行沢より少ない位の水量で駐車ポイントからも近いし、まさかこんなのが出てくるとは驚きました

右脳派釣師

No title
> 花屋のいちろーさん、他のチェイスもヤマメを確認しましたよ!
駐車ポイント辺りは、ヤマメイワナの両方の流域かと思ってました。
変なおじさん否、変なテンションだったのは、このヤマメで浮かれていた為かもしれません
甥っ子さん達にはびっくりさせてごめんなさい🙇
次はライトな範囲の源流を教えてくださいね(笑)

右脳派釣師

No title
> ラオウさん、この日はいちろーさんの他にもダム下で会った事のある釣り人さんにも会いました!
釣り人の性と呼ばれるものでしょうか!

ぷら

No title
右脳派さんこんばんは。
釣り場でイケメンのいちろーさんに会えるなんて羨ましいです
しかも美人の甥っ子と美人のお袋さんも一緒なんて尺ヤマメ以上かも知れません

右脳派釣師

No title
> prapplersubakiさん、やはりいちろーさんの奥様は美人なんですね
ちなみに会ったのは林道ですよ!
甥っ子さんを連れて遊びに来てたところを、自分に捕まってしまったのです(笑)

ハマサキデンスケ

No title
丹沢のモンスターに遭遇し、お友達にも会えて最高の釣りでしたね~。あのいかつい顔のヤマメ羨ましいです。

僕もヤマメが好きなので冒頭の「源流に行くとイワナになる」というフレーズはよくわかります👍

右脳派釣師

No title
> ハマサキデンスケさん、自分の行っていない丹沢の地域はイワナで険谷のイメージがあります
ヤマメが居るなら、吸い込まれるように水が無くなるまで行きたいのですが
道迷い等も怖いのでライトな範囲で頑張ります(笑)
ブログで知り合いが増え、楽しみが増えましたよ!
非公開コメント