噛み合わない

噛み合わない・・・

いつも噛み合ってないじゃんと言われればそうなのですが
いつも以上に噛み合わない

季節の変わり目のヤマメと噛み合わない

濁りが入り過ぎて噛み合わない

掛けてもバラして噛み合わない

瀬で良形チェイスも噛み合わない

手前の魚をなるべく遠くからアップで狙う釣りが噛み合わない 

探ったはずのポイントに立ってる足元でバイト、反応出来ず噛み合わない

最後にしようと決めたポイントで

イメージ 1

イワナ。

帰りにはちょっと早かったので別のお手軽な場所へ寄り道

渓へ降りる手前から後ろを歩く子供がカニの歌?を歌いながらついてくる
近くのキャンプ場客が親子(お父さんと子供)でサワガニ採りのようだ
釣れたら魚を見せてあげよう

しかしヒットするもバラし。噛み合わない

親子はサワガニ探しに夢中でこちらを見ていなくてバラすところは見られずにすんだ

お手軽な場所なのでウェーダーはすでに脱ぎサンダルに靴下

片足が滑り靴下が濡れた、噛み合わない。

足が濡れて目が覚めた!!
よし!おじさんがヤマメ絶対見せたる!!!
頼まれたわけではない
釣り人魂に火がついた!

親子達が居る場所で流れは左にカーブする
ズボンを膝上までめくりあげ、渡渉した
曲がった先でチビヤマメヒット!
このヤマメを見せようか
入れ物がない!親子まで声は届かない!
ビニール袋のゴミがないか探したが落ちてない
(これは良い事だが)

石で生簀を作り、入れ物を探しに行った
ここはキャンプ場の下
探せば何かあるだろう!プラスチックの透明なカップが在った!
親子達バケツ持ってたからとりあえずコップで運ぼう!
駄目だ穴があいてる。噛み合わない

再度入れ物を探してると、良さそうなポイントが!
キャスト一発ヤマメヒット!
12センチくらいのチビヤマメ!
どちらかといえばこっちのほうが大きい!
またコップ(ヤマビル付)があった!
※キャンプ場の管理者さん、たまには掃除お願いします

コップにヤマメを入れると、弱ってる。
すぐにリリース
急いでさっきの生簀に戻るとチビヤマメは脱走していた。噛み合わない。

おまけにズボンが片足ずり落ち濡れた、噛み合わない。

とぼとぼ戻ると親子達は居なくなっていた
キャンプ場を抜けたほうが近道なので、通せてもらうと露出の多いお母さんたちがいました。
サワガニ採りがこのお母さんだったらとか思いませんが
自分に限らず、キャンプ客の前での釣りは気合が入る瞬間だと思います。

ヤマメ見せたかったなと、場内を歩いてると「ヤマメの池」がありました。。。

やっぱり噛み合わない!!!



プチ告知

イメージ 2

イメージ 3

みんな来てね!虎次郎より!

コメント

非公開コメント