招き猫

イメージ 1

ちょこっとだけ時間が出来たので、またまた管理釣り場へ。

前回、けちょんけちょんにやられた男は短時間を言い訳にフィッシングフィールド中津川に。

インレットが空いていたのでインレットスタート!2時間半のカウントダウンが始まった。

とにかく魚の引きを感じたい、その一心でキャストを繰り返す。
しかしアタリは頻繁にあるものの喰いが浅いというかフッキングしない・・・
開始1時間で、バラシ数回のみの冷や汗もの
しかし
活性の高いのはインレットに居る!
我は渓流釣り師也、流れこみ命!

信念で粘っていると下流に放流車が登場!

イメージ 2

あれ?なんだか放たれた魚がデカイ!?
そういえば年間大物賞の時期だ。

軽い信念はインレットに置き去りにして下流へ向かいます!!

赤金のスプーンをつけて必死に棚を探ります、なのにインレットよりはるか少ないアタリ。。
放流直後で魚も落ち着かない様子。猫と休憩することに

イメージ 3

しっぽちゃん、雌。
甘噛みや猫キックをくらいながら「釣れないよ~」と直談判。
しっぽちゃんに飽きられた頃釣り再開、管理釣り場といえど相手は脂鰭。
水辺に立つのはやめて、しゃがんでキャストします。
しばらくして足下になんだか温もりが??
中津川猫しっぽちゃん再登場、膝の上に乗りとても暖かいが(^_^;)釣りにくい。
しっぽちゃんを膝に乗せ話しかけながら、釣りをする自分はかなり怪しい人物に見えたことでしょう。
すると、大物特有の鈍いアタリから愛竿鱒レンジャーが満月のように曲がります!!!
走りに備えドラグを緩めてフッキング位置を確認します。
しっかりフッキングしてるのでラインを切られないように慎重に慎重に・・・
しかし鱒レンなかなか寄ってきません(汗)
隣り合わせた方がランディングしてくれやっとネットイン!

イメージ 4

ありがとうございます、しっぽちゃんと、隣り合わせたルアーマンさん。

中津川事務所に電話を掛け、計測をお願いします。
その間水につけ、手でエラに水を送ります。(電話をすると計測に来てくれます、リリースでも大物賞にエントリーできます)
60.5センチ、暫定2位!
ニジマスはリリース後、元気に戻っていきました。
20秒ルールもありますが、私は5秒ルールにしています。
リリースする旨をスタッフに伝えておいたので迅速に対応してくれました。

specialThanks”
中津川猫のしっぽちゃん
ランディングしてくれたルアーマンさん
中津川のスタッフさん
中津川のニジマス。

おしまい

おまけ

イメージ 5

看板猫ヤマメ虎次郎

コメント

相模の釣師

No title
デカっ!けど赤身のトラウトサーモン系にみえるから美味しいよたぶん(☝ ՞ਊ ՞)☝

右脳派釣師

No title
> 相模の釣師さん
サーモン食べないとか言うと嘘になりますが、養殖池から出たその日に刺身になるのは可哀想ですので
次は隣りを流れる中津川ダム下にリリースしますか(笑)
そういえばダム下には川鵜がたくさん居ました(ToT)

丹沢極釣会

No title
凄いじゃないですか!
なかなか釣れるもんじよないですよ。
来年の運を前倒しじゃない事を祈ります♪

右脳派釣師

No title
> 丹沢極釣会さん
猫のおかげでルアーから殺気が消えたんだと思います。
今日からの連休で、入賞圏外に脱落してるでしょう(^_^;)
去年の解禁は草木も凍る中、坊主でした~汗。

ハマサキデンスケ

No title
見事なニジですね!おめでとうございます㊗。鱒レンジャーでのやりとりが楽しそうです。

右脳派釣師

No title
> ハマサキデンスケさん
鱒レンジャーだから得るものがあるんですよね。
やりとりだったり鱒の口って硬いんだなとか。
ポンドの管理釣り場は2か3タックルで挑みますがこの日は鱒レンジャー活躍しました。
余談ですが昔ダイワの高田達也さんがポンドの見回り中、釣れない家の子供に教えてくれて
「今日のコンディションなら柔らかいのがいい」と、この鱒レンジャーを使い、たった1投で見事釣りあげました。
腕前もさることながら、プレッ○要らないじゃんと思ってしまいました。
非公開コメント